next stage

知識の備忘録を残していきます。Next Stageへ繋げていきたい。

Oracle VM VirtualBoxでOracle Database 19cを構築する 1. ノード#1を作成する

Oracle VM VirtualBoxを使ってOracle Database RAC を構築したときの備忘録です。

あくまで検証機の作成ですので簡易的です。

下記の流れで作業を実施していきます。

 

1. ノード#1を作成する

2. インストール前の準備

3. Oracle Linux 7.6 をインストールする

4. DNSサーバを構築する

5. ノード#2を作成する

6. Oracle Grid Infrastructure 19c をインストールする

7. Oracle Database 19cをインストールする

8. DBCAでDBを作成する

 

今回は 1. ノード#1を作成する です。

環境

Oracle VM VirtualBox 6.0.14

1. マシンを新規作成する

「新規(N)」をクリックします。

f:id:nextstage001:20191209003556p:plain



 

2. 名前とオペレーティングシステムを設定する

名前には作成するマシンの一意の名前を指定します。この名前はノード名ではありません。分かりやすい名前を指定するとよいでしょう。

マシンフォルダーには作成したマシンのデータが格納されます。好きな場所を指定します。

今回はOracle Linuxをインストールするため、
タイプには「Linux」、バージョンには「Oracle (64-bit)」を選択します。

設定が完了したら「次へ」をクリックします。

f:id:nextstage001:20191209003601p:plain



 

3. メモリーサイズを設定する

今回はOracle Grid Infrastructure 19cをインストールするため、8GBを指定します。8GB以上に設定しないと、インストール画面で警告エラーが出力されます。検証目的であればある程度少なめのメモリでも大丈夫かと思います。メモリ搭載の少ないPCで2.5Gくらいで試しましたが、やはりインストールさえ難しかったです。。

8GBを指定していますが、実際のサイズは8GBになりません。実際の値は7895296KB(7.5GB程度)でした。8GBを確保したい場合はさらに余裕を持ってメモリ設定されることをおすすめします。

設定が完了したら「次へ」をクリックします。

 

f:id:nextstage001:20191209003605p:plain

 

※参考 マニュアルのインストール要件

Oracle® Databaseインストレーション・ガイド 19c for Linux

https://docs.oracle.com/cd/F19136_01/ladbi/server-hardware-checklist-for-oracle-database-installation.html#GUID-D311E770-9444-45D0-A122-6491D1B66B8A 

Oracle® Grid Infrastructure インストレーションおよびアップグレード・ガイド 19c for Linux

https://docs.oracle.com/cd/F19136_01/cwlin/server-hardware-checklist-for-oracle-grid-infrastructure.html#GUID-D964EF96-9C9C-4173-A919-F3CAA72180B1

Oracle® Databaseインストレーション・ガイド 18c for Linux

https://docs.oracle.com/cd/E96517_01/ladbi/server-hardware-checklist-for-oracle-database-installation.html#GUID-D311E770-9444-45D0-A122-6491D1B66B8A

Oracle® Grid Infrastructure インストレーションおよびアップグレード・ガイド 18c for Linux

https://docs.oracle.com/cd/E96517_01/cwlin/server-hardware-checklist-for-oracle-grid-infrastructure.html#GUID-D964EF96-9C9C-4173-A919-F3CAA72180B1

Oracle® Database インストレーション・ガイド 12c リリース2 (12.2) for Linux

https://docs.oracle.com/cd/E82638_01/ladbi/server-hardware-checklist-for-oracle-database-installation.html#GUID-D311E770-9444-45D0-A122-6491D1B66B8A

Oracle® Grid Infrastructure インストレーションおよびアップグレード・ガイド 12c リリース2 (12.2) for Linux

https://docs.oracle.com/cd/E82638_01/cwlin/server-hardware-checklist-for-oracle-grid-infrastructure.html#GUID-D964EF96-9C9C-4173-A919-F3CAA72180B1

  • Oracle Databaseのインストールには、1GB以上のRAMが必要です。2GBのRAMを推奨します。

  • Oracle Grid Infrastructureのインストールには、8GB以上のRAMが必要です。

Oracle® Databaseインストレーション・ガイド 12cリリース1 (12.1) for Linux

https://docs.oracle.com/cd/E57425_01/121/LADBI/chklist.htm#BABFJHAI

  • Oracle Databaseのインストールには、1 GB以上のRAMが必要です。

  • Oracle Databaseをインストール予定のインストールを含むスタンドアロン・サーバーに対する、Oracle Grid Infrastructureの4GB以上のRAM。

4. ハードディスクを設定する

「仮想ハードディスクを作成する」を選択します。

設定が完了したら「作成」をクリックします。

 

f:id:nextstage001:20191209003608p:plain

 

5. ハードディスクのファイルタイプを設定する

「VDI」を選択します。

設定が完了したら「次へ」をクリックします。

 

f:id:nextstage001:20191209003612p:plain

 

6. 物理ハードディスクにあるストレージを設定する

「可変サイズ」を選択します。

設定が完了したら「次へ」をクリックします。

f:id:nextstage001:20191209003617p:plain


 

7. ファイルの場所とサイズを設定する

今回サイズは「45GB」を設定しました。

余裕をもって45GBを設定しましたが、35~40GBくらいでも大丈夫だと思います。45GBの設定で、GI、DBをインストールした後のルートディレクトリの残りは21GB程度でした。30GB程度だとDatabaseまでインストールできませんでした。

設定が完了したら「作成」をクリックします。クリックしたらディスクが作成されます。

f:id:nextstage001:20191209003623p:plain


 

※参考 マニュアルのインストール要件

Oracle® Databaseインストレーション・ガイド 19c for Linux

https://docs.oracle.com/cd/F19136_01/ladbi/storage-checklist-for-oracle-database-installation.html#GUID-C6184DFA-45A2-4420-99D6-237EA5BAB058 

Oracle® Databaseインストレーション・ガイド 18c for Linux

 https://docs.oracle.com/cd/E96517_01/ladbi/storage-checklist-for-oracle-database-installation.html#GUID-C6184DFA-45A2-4420-99D6-237EA5BAB058 

Linux x86-64の場合:
スタンドアロン・サーバー・インストール用のOracle Grid Infrastructureの場合は6.5GB以上
Oracle Database Enterprise Editionには、7.2 GB以上が必要です。
Oracle Database Standard Edition 2には、7.2 GB以上が必要です。

Oracle® Grid Infrastructure インストレーションおよびアップグレード・ガイド 19c for Linux

https://docs.oracle.com/cd/F19136_01/cwlin/storage-checklist-for-oracle-grid-infrastructure.html#GUID-92B4918E-92A1-46CD-AC85-7C25C6E6B8A1

Oracle® Grid Infrastructure インストレーションおよびアップグレード・ガイド 18c for Linux

https://docs.oracle.com/cd/E96517_01/cwlin/storage-checklist-for-oracle-grid-infrastructure.html#GUID-92B4918E-92A1-46CD-AC85-7C25C6E6B8A1 

  • クラスタOracle Grid Infrastructureホーム(Gridホーム)に12GB以上の領域。
    パッチ用の追加領域を確保するために100GBを割り当てることをお薦めします。
    Oracle Database Enterprise Editionには、10 GB以上が必要です。

 

Oracle® Database インストレーション・ガイド 12c リリース2 (12.2) for Linux

https://docs.oracle.com/cd/E82638_01/ladbi/storage-checklist-for-oracle-database-installation.html

Linux x86-64の場合:
スタンドアロン・サーバー・インストール用のOracle Grid Infrastructureの場合は8.6GB以上
Oracle Database Enterprise Editionには、7.5 GB以上が必要です
Oracle Database Standard Edition 2の場合は7.5GB以上。

Oracle® Grid Infrastructure インストレーションおよびアップグレード・ガイド 12c リリース2 (12.2) for Linux

https://docs.oracle.com/cd/E82638_01/cwlin/storage-checklist-for-oracle-grid-infrastructure.html#GUID-92B4918E-92A1-46CD-AC85-7C25C6E6B8A1

  • クラスタOracle Grid Infrastructureホーム(Gridホーム)に12GB以上の領域。
    パッチ用の追加領域を確保するために100GBを割り当てることをお薦めします。
    Oracle Database Enterprise Editionには、9 GB以上が必要です。

Oracle® Databaseインストレーション・ガイド 12cリリース1 (12.1) for Linux

https://docs.oracle.com/cd/E57425_01/121/LADBI/chklist.htm#BABFJHAI

  • インストールしようとしているOracle Databaseのエディションに基づいて、サーバーは表4-1にリストされているディスク領域要件を満たす必要があります。

  • スタンドアロン・サーバー用のOracle Grid Infrastructureのインストールには、6.9 GB以上のディスク領域が必要です。

表4-1 Linux x86-64におけるディスク領域要件

インストール・タイプ ソフトウェア・ファイルのディスク領域

Enterprise Edition

6.4GB

Standard Edition

6.1GB

Standard Edition One

6.1GB

Standard Edition 2

6.1GB

 

Oracle® Grid Infrastructureインストレーション・ガイド 12cリリース1 (12.1) for Linux

https://docs.oracle.com/cd/E57425_01/121/LADBI/chklist.htm#BABFJHAI

  • クラスタOracle Grid Infrastructureホーム(Gridホーム)に8GB以上の領域。パッチ用の追加領域を確保するために100GB                                                        を割り当てることをお薦めします。

  • Oracle Grid Infrastructureインストール所有者(Gridユーザー)のOracleベース用に12GB以上の領域。Oracleベースには、Oracle ClusterwareおよびOracle ASMのログ・ファイルが含まれます。

  • トレース・ファイル・アナライザ(TFA)コレクタによって生成された診断収集用に、グリッド・インフラストラクチャ所有者のOracleベース・ディレクトリに10GBの追加の領域。

  • LinuxプラットフォームでOracle Databaseをインストールする場合は、Oracleホーム(Oracle Databaseソフトウェア・バイナリの場所)用に6.4 GBのディスク領域を割り当てます。

 

これでマシンの作成は完了です。